糖尿病性網膜症の症状・原因・治療方法

糖尿病性網膜症とは??

分類   【 眼底の病気 】

読み方  【 とうにょうびょうせいもうまくしょう 】

糖尿病性網膜症は、糖尿病が続くことによって、糖代謝異常に伴う眼の網膜などに異常をきたすことで、視力低下がおこる疾患です。

糖尿病の三大合併症の1つで、日本の中途失明の第2位を占めるほど多くおこる病気です。

原因

糖尿病が続くことによっておこりますが、糖尿病を患ったからと言ってすぐにおこるわけではありません。
食事療法、薬物療養、運動療法など糖尿病の治療を行わずに放置していることで網膜症がおこります。

症状

血流の圧力で血管の弱い部分が伸びてしまい、そこに血液がたまって小さなこぶがあちこちにでき、白斑やむくみがでたりそれが破れて出血したりします。

さらに進行が進むと、血管新生・硝子体出血、網膜剥離などを起こして失明の原因にもなります。

治療方法

まずは失明を防ぐことが治療の目的です。

そのためには、初期の段階で網膜の中心部だけを残して全体的に光凝固を行ったり、また黄斑部にむくみがあるもので、視力があからさまに低下しているものに対しては、むくみの原因となっている病変部分に、局所的に光凝固を行います。