高血圧性網膜症(高血圧性眼底)の症状・原因・治療方法

高血圧性網膜症(高血圧性眼底)とは??

分類   【 眼底の病気 】

読み方  【 こうけつあつせいもうまくしょう(こうけつあつせいがんてい) 】

高血圧性網膜症(高血圧性眼底)は、高血圧や動脈硬化を患っている事が原因で、網膜血管の動脈が細くなったり、網膜そのものに異常がおきる病気です。

原因

主として高血圧や動脈硬化の進行と共に病気が進んでいきます。

症状

通常よほど重症でない限りは自覚症状はありませんし、直接的に視機能を損なうことはありませんが、治療せずに放っておくと他の眼病の原因(網膜血管閉塞症)となり、視機能をおびやかすことになりますので、注意が必要です。

治療方法

この病気を進行させないために、高血圧の治療とともに、定期的な眼底検査などを忘れずに受けることが重要となります。