緑内障(あおそこひ)の症状・原因・治療方法

緑内障(あおそこひ)とは??

分類   【 眼圧の異常 】

読み方  【 りょくないしょう 】

緑内障(あおそこひ)は、眼圧が高くなった状態が長い間続くことで、視神経を圧迫し、傷つけるためにおこる病気です。

眼圧は眼球内で均一にかかるものですが、視神経には構造的に眼圧上昇に対して弱い部分があります。
眼圧が上昇を続けると視神経線維が萎縮していき、視力が低下したり、視野が欠けたりするわけです。


また、眼圧が正常なのに、視機能が低下しているのを低眼圧緑内障と言われ、最近多くなってきています。

原因

原因によって原発性緑内障と続発性緑内障とがあります。

原発性緑内障は、生まれつきの素因をもっている人が、年齢を重ねるうちに発症してくると考えられています。

続発性緑内障は、ぶどう膜炎、糖尿病性網膜症などの、目の疾患によりことが原因でおこります。

症状

原発性緑内障の中でも、「原発閉塞隅緑内障」というタイプのものがありますが、この場合は頭痛、眼痛、嘔吐等の症状が急激におこります。
その他にも白目の充血、視力の低下などもあらわれます。

治療方法

萎縮してしまった視神経や、欠損した視野はもとに戻ることはありません。
そのため、慢性的な緑内障の治療はいかに早期に発見して治療を行っていくかが大事です。

点眼によって眼圧のコントロールをすることもありますが、通常は
手術を行い、房水の流れをよくすようにします。

完全に治ることありませんので治療の基本は、限られた機能をできるだけ保全するのが目的となります。