白内障の症状・原因・治療方法

白内障とは??

分類   【 水晶体・硝子体の病気 】

読み方  【 はくないしょう 】

白内障は、目の水晶体が、茶褐色や灰白色のにごりができる病気です。

加齢による生化学的変化でおこるものは「老人性白内障」と呼び、様々な眼病や糖尿病など、原因疾患があるものに関しては「併発性白内障」と呼ばれています。

原因

もっとも多い原因は加齢によるものだとされていますが、なぜ水晶体がにごるのかというのは、はっきりとわかっていません。

症状

水晶体は少しずつ濁ってくるので、初めのうちは自覚症状はありません。
水晶体の端のほうが混濁しても視力障害はありませんが、目の中心部が濁り始めると共に、視力が低下していきます。

症状が重くなってくると、目がかすんで見えるようになります。

治療方法

もともと原因が不明ですので、治療方法や進行を完全にとめる薬はありません。

手術により水晶体を取り出すと同時に、眼内レンズを移植します。
移植をすることで、元の視力に戻ります。