強膜炎の症状・原因・治療方法

強膜炎とは??

分類   【 角膜・強膜の病気 】

読み方  【 きょうまくえん 】

白目の部分の眼球壁に、強膜という組織がありますが、その上に半透明の結膜が張っています。
白目のこの強膜や、強膜の表面のところにある血管の多い上強膜に炎症をおこした状態を強膜炎と言います。

原因

膠原病の場合にみられることがありますので、自己免疫疾患が原因ではないかと考えれていますが、多くの場合は不明なことが多いです。

症状

充血はやや紫がかった濃い赤色で、まぶたの上から充血部分を押すと、少し痛みがあらわれます。

治療方法

副腎皮質ホルモン剤の点眼で改善されますが、再発が多いこともありますので、注意しましょう。

何度も再発したり、治りにくい場合は、慢性関節リウマチなどの検査もしておくことが必要です。