細菌性結膜炎の症状・原因・治療方法

細菌性結膜炎とは??

分類   【 結膜の病気 】

読み方  【 さいきんせいけつまくえん 】

細菌性結膜炎は、結膜に微生物や細菌が感染することによっておこる結膜炎です。

人から人、感染した目からもう片方の目に感染することがあり、比較的子供に多くみられる病気です。

原因

アデノウイルスやブドウ球菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌などが結膜に感染することでおこります。

時には真菌によって発症することもありますが、非常にまれなことです。

症状

急に目ヤニが増加し、目頭や目じりに近いところほど強くなり、まぶたの裏の目瞼結膜も充血し、涙っぽくなります。

治療方法

原因菌に有効な抗生物質の目薬を点眼することで、3〜4日で充血が減り、目ヤニも改善されるようになります。