慢性涙嚢炎の症状・原因・治療方法

慢性涙嚢炎とは??

分類   【 まぶたの病気 】

読み方  【 まんせいるいのうえん 】

鼻涙管が詰まってしまうことで涙嚢部に涙が溜まり、そこに細菌感染がおこるものを「涙嚢炎」といいますが、涙嚢炎が慢性的におこるものを慢性涙嚢炎と呼びます。

原因

先天的に鼻涙管が閉塞しているものと、後天的に細菌が涙嚢部に細菌が感染することによっておこります。

症状

目頭を押すと濁った涙や膿が目のほうへ逆流してきます。

周囲に炎症が広がると、目頭から下まぶたがひどくは腫れて、発熱や痛みを伴います。

治療方法

抗生物質の点滴や内服、点眼で治療を行い、急性炎症が治まった時点で手術を行うようにします。

手術には2通りあり、涙嚢の鼻腔をつなぐ方法と、本来の鼻涙管にチューブを挿入して再開通させる方法とがあります。