涙液分泌能低下の症状・原因・治療方法

涙液分泌能低下とは??

分類   【 まぶたの病気 】

読み方  【 るいえきぶんぴつのうていか 】

涙液分泌能低下は、涙腺の機能が低下し、角膜や結膜が乾燥してしまう疾患です。

中年以後の女性に多くみられます。

原因

ドライアイや自己免疫疾患が原因であると考えられています。

症状

はじめのうちはねばっこい目ヤニが出たり、軽い異物感、目がかすむ、眼精疲労程度ですが、進行すると角膜の表面が荒れ、細かい混濁が生じることで視力低下につながります。

これに伴い唾液腺や上気道粘膜の分泌の減少をきたしている場合はシェーグレン症候群と呼ばれるようになります。

治療方法

コンドロイチン硫酸をはじめとする角膜保護剤の点眼により、結膜や角膜の乾燥を防ぐことが最優先で行われます。

また、原因となる身体の疾患があればその治療を行わなければなりません。