声帯麻痺(反回神経麻痺)の症状・原因・治療方法

声帯麻痺(反回神経麻痺)とは??

分類   【 喉頭・声帯の病気 】

読み方  【 せいたいまひ(はんかいしんけいまひ) 】

声帯麻痺(反回神経麻痺)は、声帯を動かす筋肉の動きを支配している反回神経が、なんらかの原因によって麻痺してしまい、声帯がうまく働かなくなった病気です。

声帯麻痺は大きく、「片側声帯麻痺…左右どちらか一方の声帯が動かない」と、「両側声帯麻痺…左右両方の声帯が動かない」の2種類にわけることができます。

原因

肺や甲状腺、食道、心臓などの手術のあとや、細菌の感染、交通事故などによる外傷、または脳幹の病気、食道、甲状腺などにみられるがんなどが原因でおこることがあります。

様々な原因が考えられますので、麻痺の原因は徹底的に調べる必要があります。

しかしながら、いくら検査を行っても、原因不明のこともあります。

症状

しゃがれ声がもっとも多い症状です。
両側の声帯が麻痺している場合は呼吸困難を訴えるようになります。

喉に異物感、圧迫感などを感じることも多いです。

治療方法

片側の声帯が麻痺しているのであれば、原因をつきとめ、原因に対する治療を行います。

両側の声帯が麻痺して、呼吸困難を起こしている場合は、気管切開などの救命措置が必要となります。

原因不明による声帯麻痺は、副腎皮質ホルモン剤や代謝賦活剤などを用いることで約6ヶ月程度で改善することが多いです。

万が一効果が期待できない場合は、声帯内にシリコン注射をしたり、軟骨などを入れて、麻痺した側の声帯を正中に寄せる手術を行います。