喉頭炎の症状・原因・治療方法

喉頭炎とは??

分類   【 喉頭・声帯の病気 】

読み方  【 こうとうえん 】

喉頭炎は、喉頭の粘膜に炎症がおこる病気です。

原因

多くの場合はかぜに伴っておこることが多いので、アデノウイルス、インフルエンザウイルス、肺炎球菌、ブドウ球菌などの感染が原因となっています。

その他にも声の使いすぎであったり、職場で刺激性のガスを慢性的に吸引していたりすることでもおこります。

症状

発熱、頭痛、全身倦怠感など、全身的なかぜ症状があらわれ、しゃがれ声、喉の異物感、喉頭部のかゆみや乾燥した感じなどがあらわれます。

治療方法

かぜに伴っておこった喉頭炎では、かぜの治療を行った上で、局所の安静に努めます。

抗生剤やステロイドホルモンなどをネブライザー吸入を行い症状を抑える治療も行います。

また、環境が問題であるようなら喫煙、発生の悪習慣などの矯正が望まれます。