睡眠時無呼吸症候群の症状・原因・治療方法

睡眠時無呼吸症候群とは??

分類   【 のどの病気 】

読み方  【 すいみんじむこきゅうしょうこうぐん 】

睡眠時無呼吸症候群は、扁桃やアデノイドの肥大のため鼻づまりを起こし、睡眠中に10秒以上の呼吸が停止、つまり無呼吸が5回以上繰り返される病気です。

原因

扁桃肥大、咽頭扁桃肥大(アデノイド)を発症することによって、鼻が詰まることが主な原因となります。

症状

大いびき、昼間の眠気、夜尿症、熟睡感がない、起床時の頭痛などがあらわれるようになりますが、呼吸障害や突然死と結びつく場合がありますので、家族がこの病気に気付いたらすぐに耳鼻咽喉科医に相談する必要があります。

治療方法

検査により睡眠時無呼吸症候群と認められれば、原因となる扁桃やアデノイドの摘出手術を行います。

多くの場合はよい結果が得られるようになります。