扁桃肥大の症状・原因・治療方法

扁桃肥大とは??

分類   【 のどの病気 】

読み方  【 へんとうひだい 】

扁桃肥大は、通常よりも扁桃が大きくなった状態のことで、代表的なものに咽頭扁桃肥大や口蓋扁桃肥大(アデノイド)などがあります。

子供の場合は、その成長発育過程において身体を感染から守るために扁桃が大きくなっているため、病気ではありません。
通常は5〜7歳をピークに扁桃は縮小していきます。

扁桃腺炎など原因病がはっきりしている場合や、はげしいいびき、睡眠時無呼吸症候群が症状としてあらわれている場合は治療が必要となってきます。

原因

主な原因は扁桃腺炎など原因病による扁桃肥大が多く、家族的に、形の異常や大きさの度合いがうけつがれたりして、扁桃炎ににかかりやすいために起こる場合もあります。

炎症を繰り返してなった場合は、病巣感染の病因となることが多いとされています。

症状

アデノイドの場合の症状は、鼻の奥が詰まった感じになり、ひどくなると、鼻で呼吸ができなくなり、口呼吸をするようになり口臭などの原因になります。
睡眠中いいびきをかくようになったり、無呼吸になることもあります。
注意力が散漫になりやすいです。

また、中耳炎などの原因にもなります。

治療方法

出血しやすい傾向がなかったり、発熱がない場合は、手術によって簡単に摘出することができます。

手術が必要がどうかは、耳鼻咽喉科医の判断にゆだねるのがよいでしょう。