咽頭異常感症の症状・原因・治療方法

咽頭異常感症とは??

分類   【 のどの病気 】

読み方  【 いんとういじょうかんしょう 】

咽頭異常感症は、検査をしたにもかかわらず、原因となる病気がなったり(器質的異常)、レントゲンなどでも異常がみられない(機能的異常)にもかかわらず、喉の違和感や詰まった感じが取れない症状の事を言います。

原因

軽い貧血や、胃腸障害、更年期障害などが原因で訴える人が多いですが、もっとも多いのは喉のがん恐怖によるものとされています。

症状

喉の圧迫感、さすような痛み、喉のざらざら感、唾液を飲み込むときのつかえ感など多様な症状を訴える方が多いです。

治療方法

あらゆる検査で異常がみられないようだったら、うがいをこまめにして清潔に保つこと、また、喉を乾燥さえないようにすることを心がけるようにしましょう。