咽頭炎の症状・原因・治療方法

咽頭炎とは??

分類   【 のどの病気 】

読み方  【 いんとうえん 】

咽頭炎は、咽頭がウイルスや菌の感染によって炎症をおこす病気です。

咽頭炎にはおおきくわけて「急性咽頭炎」と「慢性咽頭炎」の2つのタイプがあります。

原因

急性咽頭炎では、過労や気温の変化などによる咽頭粘膜の抵抗力が低下したときに、アデノウイルスなどのウイルス、インフルエンザ菌や溶血性連鎖球菌などの菌に感染することが原因でおこります。

慢性咽頭炎の場合は、急性咽頭炎が治っていなかったり、喫煙や飲酒が慢性的に咽頭炎を刺激することが主な原因となります。

症状

急性咽頭炎では、喉の痛みから熱感、飲み込むときの痛み、粘膜が充血して、腫れています。

慢性咽頭炎では、咽頭の不快感や異物感が慢性的に感じるようになります。

治療方法

うがいするなどして咽頭を清潔に保ち、喫煙、飲酒などを控えるようにして、咽頭に刺激を与えないようにします。
同時に、原因となる病原を特定し、病原に対しての対症療法を行います。

痛みや発熱に対しては解熱鎮痛剤を用います。