アレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)の症状・原因・治療方法

アレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)とは??

分類   【 鼻の病気 】

読み方  【 あれるぎーせいびえん(びあれるぎー) 】

ハウスダスト、スギやブタクサなどの花粉、カビなどのアレルギー物質を吸引することで、アレルギー反応をおこすことによっておこる鼻炎です。

アレルギー疾患のなかでも遺伝的要素が強いものを「アトピー疾患」といいます。アレルギー性鼻炎もアトピー疾患のひとつで、生まれつき抗体を作りやすい体質が深く関与します。

原因

呼吸によって体内に入ってくるものは、一番多いものでハウスダスト(室内のゴミやペット類の毛、ダニなど)で全体の60%を占め、次いでスギやブタクサなどの花粉が全体の30%、残りの約10パーセントがその他(カビ)などによるものが原因となります。

その他にも、牛乳、卵黄、そば、だいずなどの食べ物のアレルギー物質が原因でもおこります。

遺伝も深く関与していると考えられています。

症状

たてつづけにおこる発作性のくしゃみ、多量の鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、流涙、頭痛、味覚障害などを伴うことがあります。

「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」というのはアレルギー性鼻炎の3大特徴となっています。

治療方法

一番初めに行うことは、発病となるアレルゲンを取り除くことです。

そしてアレルゲンに慣れ、接触しても発作を起こさないようにする方法、体質をある程度変える方法も行われています。

対症療法として、内服や注射による全身的療法と、薬物を直接鼻の中に噴霧したり点鼻する局部療法があります。

手術療法としては、頑固な鼻づまりの改善を目的に行われています。