急性副鼻腔炎の症状・原因・治療方法

急性副鼻腔炎とは??

分類   【 鼻の病気 】

読み方  【 きゅうせいふくびくうえん 】

急性副鼻腔炎は、かぜのときなどにおこった急性鼻炎に引き続き、細菌の2次感染をおこして粘膜の炎症が鼻腔から副鼻腔に波及し、副鼻腔で細菌が繁殖して感染することで起こる疾患です。

原因

肺炎球菌、インフルエンザ菌、ブドウ球菌などの細菌が原因でおこります。

その他にも、虫歯や扁桃炎、咽頭炎、顔面骨折の外傷から細菌感染を起こすことがあり、それが原因となることもあります。

症状

悪寒、発熱などのかぜの症状の他にも、頭痛、頭が重くなったような感じ、膿性の悪臭を伴う鼻汁、炎症をおこしている副鼻腔の周囲の痛みなどがあらわれます。

まれに副鼻腔の炎症が眼や脳に進むことがあります。眼に及ぶとまぶたがはれたり、視力が落ち、脳に及ぶと強い頭痛や意識障害が起こります。

治療方法

注射針よりもやや太めの針を鼻孔から上顎洞に入れて、中に溜まった膿を洗浄する方法が非常に効果があります。

そのほかにも、鼻腔内に血管収縮剤をスプレーし、鼻腔と副鼻腔の交通をよくした後、消炎剤や抗生物質などの噴霧・吸入をします。
細菌感染を防ぐために消炎剤、抗生物質の内服も同時に行います。