騒音性難聴の症状・原因・治療方法

騒音性難聴とは??

分類   【 内耳の病気 】

読み方  【 そうおんせいなんちょう 】

騒音性難聴は、爆発など突発的に生じる巨大な音や、騒音を発生する向上での長期間勤務によって、内耳の感覚細胞が破壊されて難聴をきたすことおこる難聴です。

騒音性難聴のうち、爆発などの巨大な音刺激にさらされることによって瞬時にして軟調となるものを「音響外傷」と呼び、一定以上の強さの音でおこる難聴を「ふつう騒音性難聴」と呼びます。

原因

爆発など突発的に生じる巨大な音や、職業柄慢性的に騒音を発生している場所にさらされていることが原因でおこります。

症状

「音響外傷」の場合は、瞬時にして重度の難聴になることが多いですが、「ふつう騒音性難聴」のように、長期間騒音にさらされておこる場合には、ゆっくりとした速度で難聴が進行します。

ふつう騒音性難聴の特徴的なのは、聴力検査をしてみるとある音域(4000ヘルツ)の高さの音の聴力が障害されているということです。

治療方法

ふつう騒音性難聴のように、環境による難聴が原因であれば、まずは環境を変えることが必要です。
どうしても聞こえが悪いようだったら、補聴器を装用し、リハビリテーションを行うことで、ある程度の聴力が改善されます。