難聴の症状・原因・治療方法

難聴とは??

分類   【 内耳の病気 】

読み方  【 なんちょう 】

難聴は、聞こえが悪くなる病気で、通常大きく2つのタイプに分けられます。

  • 伝音性難聴…外耳や中耳など音を伝えるところに障害があっておこるタイプです。
  • 感音性難聴…内耳や蝸牛神経、脳中枢神経などに障害があっておこるタイプです。

原因

中耳炎や鼓膜損傷、耳硬化症などの原因となる疾患がある場合や、騒音、神経や脳の異常、自律神経の乱れ、ストレスや加齢、薬の副作用など、原因は様々です。

症状

どちらのタイプも聞こえが悪くなると言う点では共通していますが、感音性難聴の場合は、突発性難聴など例外的なごく限られたもの以外は、医学的治療が不可能とされています。

治療方法

伝音性難聴と感音性難聴では病気の責任部位が解剖学的に全く異なった部位なので、治療するうえでの対応がまったく異なります。

伝音性難聴は原因疾患である治療を進めていき、補聴器によるリハビリテーションを行うことで聞こえが改善されることが多いです。

しかし、感音性難聴では特例を除いて薬物や手術による医学的治療には一切反応しないため、補聴器によるリハビリテーションを繰り返し行い、聴力を少しずつ回復させるしか方法がありません。