びまん性外耳炎の症状・原因・治療方法

びまん性外耳炎とは??

分類   【 外耳の病気 】

読み方  【 びまんせいがいじえん 】

びまん性外耳炎は、しらが染や点耳薬など薬物の副作用や、中耳炎の慢性的耳漏などにより外耳道全体が炎症をおこしている病気です。

原因

しらが染や点耳薬など薬物の副作用や、中耳炎の慢性的耳漏などが外耳全体を感染することが原因です。

その他にも真菌、アレルギー、乾癬、湿疹のある人などにもおこりやすいです。

症状

充血、かゆみと痛みを伴います。
嫌なにおいのする、黄白色の耳垂れや、病的な耳垢がでてきたりします。

治療方法

外耳道の充血に大しては、抗生物質の点耳薬や軟膏を塗ると通常は2〜3日で改善します。

しかし、上記のような治療を1〜2ヶ月でよくならない場合には、真菌の感染が考えれるので、抗真菌剤の点眼や軟膏を塗るようにします。