薬剤性肝障害の症状・原因・治療方法

薬剤性肝障害とは??

分類   【 肝臓の病気 】

読み方  【 やくぶつせいかんしょうがい 】

薬を服用すると、一旦肝臓に運ばれ、様々な変化を繰り返し、解毒し、さらには有効物質となって標的細胞や組織で働いた後、胆汁中や尿中に排出されます。

通常はこの過程ですべてが排泄されるわけですが、ある種の薬剤は肝臓に直接障害を与えることがあります。

これを薬剤性肝障害と言います。

原因

肝臓に薬剤アレルギー反応が起こることで病状がでます。

症状

薬を服用した際に、急な吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、食欲不振、原因不明の発熱や発疹、黄疸などの症状があわられます。

治療方法

人によって薬によるアレルギーも違うので、まずはどの薬がアレルギーの薬剤性肝障害の原因となっているのかを特定しなければなりません。

特定できたらそれに応じた対処療法を行うことが必要です。