裂肛(切痔)の症状・原因・治療方法

裂肛(切痔)とは??

分類   【 肛門の病気 】

読み方  【 れっこう(きれじ) 】

裂肛は、肛門に起きる外傷です。

比較的若い女性に起こりやすい病気です。

肛門部分が切れて痛くなることから、その痛みを避けるようになり便意を我慢するようになることで、便秘となることもありますので注意が必要です。

切痔とも呼ばれています。

原因

硬い便などで肛門が切れることで生じます。

症状

肛門はデリケートな部分であることから、強い痛みを感じます。
さらに痛みを感じるようになると、反射性に内括約筋がけいれんを始めます。
括約筋がけいれんをしていると切れた部分に刺激を与え続けるので、排便後もしばらくはじーんとした痛みが続きます。

治療方法

内科的治療が中心となります。
市販の軟膏を患部に塗るか、坐薬を用いることで治りが早くなります。