直腸脱の症状・原因・治療方法

直腸脱とは??

分類   【 直腸の病気 】

読み方  【 ちょくちょうだつ 】

直腸脱は、直腸が肛門をこえて外側に脱出する状態の事です。


腸の壁の表面の一部が脱出するものを「不完全直腸脱」といい、全部の層が脱出するものを「完全直腸脱」といいます。

一般的に直腸脱と診断されるのは「完全直腸脱」であることが多いです。

原因

肛門の括約筋や直腸を支えている組織が弱まって生じているという場合や、S状結腸が直腸に入り込んで生じるという場合、単純に括約筋などの筋肉の機能失調が原因であるという場合もありますが、本当の原因はいまだに不明とされています。

症状

約半数の場合は便の失禁を訴えます。

治療方法

治療方法は基本的に手術が原則的な手段となります。

手術の方法としては、肛門の方からアプローチする方法、そして開腹して切除する方法とがあります。