腹膜炎の症状・原因・治療方法

腹膜炎とは??

分類   【 ヘルニアと腹膜の病気 】

読み方  【 ふくまくえん 】

そもそも腹膜というのは、腹部の臓器をおおった薄い膜の事です。
その表面は非常になめらかで、数ミリリットルの血液が存在し、腹膜面を潤して臓器の働きをよくしています。

その腹膜がなんらかの原因によって炎症をおこすことを腹膜炎と呼びます。

もとの病気が原因で起こるのを「急性腹膜炎」とよび、結核菌が主な原因として起こるのを「慢性腹膜炎」とよんでいます。

原因

最も多い原因が、虫垂炎がすすんだことによって孔があき、細菌がおなかの中に広がり炎症がおこるというものです。

その他にも大腸憩室の穿孔、膵炎、腸閉塞、女性生殖器の病気などが原因でも起こります。

基本的にはもととなる病気があっておこることが多いので、腹部に持病のある人は日頃から注意しなければなりません。

症状

ほとんどの場合は食欲不振、吐き気、嘔吐、喉の渇き、発熱感があります。

また炎症ができたからといってもすくに症状がでるものは少なく、炎症がすすみ穿孔ができた場合は、激しい腹痛が突然起こるようになります。

腹痛は、持続性でわずかに動くだけでも強くなり、一定時間経過すると腹部全体に広がります。

治療方法

薬で治すことはまず不可能と考えなければなりません。

症状が進んでしまっている場合などは、特に緊急手術を要します。