横隔膜ヘルニア(食道裂孔ヘルニア)の症状・原因・治療方法

横隔膜ヘルニア(食道裂孔ヘルニア)とは??

分類   【 ヘルニアと腹膜の病気 】

読み方  【 おうかくまくへるにあ(しょくどうれっこうへるにあ) 】

横隔膜ヘルニアは、腹腔内臓器が、横隔膜に生じた先天性、外傷後に起きたすきまを通すことにより、胸腔内に脱出している状態を言います。

横隔膜ヘルニアの中でも最も多いとさているのが「食道裂孔ヘルニア」です。
これは横隔膜を通る食道の孔が異常に大きい場合、そこから胸腔の中へ胃が脱出してしまう病気です。

原因

先天性のものと、外傷やその他の病気が原因となって発症する場合があります。

症状

胃の膨満感から胸やけ、ものが飲み込みにくいなど、さらには熱く苦い液体がこみ上げてくる場合もあります。

無症状のものもあります。

治療方法

内科的治療が主体と鳴ります・

上半身を高くして酸を中和する薬を与え、消化しやすい食べ物を少しずつ分けて食べるなどの養生が必要となります。

食道に潰瘍ができたり、食道自体が狭くなってしまった場合は外科的治療に切り替え、手術が必要となります。