便秘の症状・原因・治療方法

便秘とは??

分類   【 腸の病気 】

読み方  【 べんぴ 】

便秘は、大便が長い間腸管内に留まり便中の水分が減少して硬くなり、 排便に困難を伴う状態の事を指します。

本人の排便回数にもよりますが、排便回数は通常1日に1回〜2回程度ですが、 2日に1回、3日に1回となったり、2日に1回の排便があっても、 いわゆる排便困難な状態が続いた場合は便秘と呼ぶのが一般的です。

便秘には以下のような種類があります。

  • 弛緩性(しかんせい)便秘…これは便秘の中でも最も多いものです。高齢者、多産婦、食事量の少ない人にみられます。
  • けいれん性便秘…腸管の緊張が高まり、腸内容物の推進力を伴わない異常運動がみられる場合の便秘です。
    排便前に腹痛がありますが、排便後には軽快するのが特徴です。
  • 器質性便秘…腸に器質的な病気があることでおこる便秘です。
    大腸がんにまで進行する恐れのある便秘ですので、便に血液が付いたり便が細くなったりする場合は、 すぐに医師の診断を受けなければなりません。
  • 直腸性便秘…直腸壁の排便反射の障害が原因で、 便が直腸に達しても便意が起こらず、長く停滞するものです。
    習慣性便秘ともいわれており、仕事や旅行、時間の都合などで便意を抑えたりしたときや、 排便痛を伴うような肛門の病気などでもみられます。

原因

便秘の種類によって原因も様々です。

症状

便秘そのものによる苦しみがあります。

ただし、便秘の場合は便秘そのものの症状が怖いのではなく、 腸の働きが悪くなることで様々な大腸の病気や大腸憩室、虚血性腸炎などが増加することがあることです。

治療方法

多くの場合は生活習慣、運動、食事の改善によってかなり解決します。

安易に薬を使用しない事が重要です。