クローン病の症状・原因・治療方法

クローン病とは??

分類   【 腸の病気 】

読み方  【 くろーんびょう 】

クローン病は、回腸末端を中心に、小腸のほかの場所や胃、大腸、食道などの粘膜に潰瘍ができ、一番外側のしょう膜にいたるまで壁の全層が冒される病気です。

病変部に管状の孔があいて周囲の臓器と繋がってしまったり、病変が離れた場所にとぶのもクローン病の特徴ともいえます。

原因

若い人に多くみられますが原因は不明で、難病として厚生省特定疾患に認定されています。

症状

下痢と腹痛が主な症状となります。
クローン病は腸管が非常に狭くなることが多いので、腹痛はなかなか軽快しません。

進行すると発熱や貧血、体重減少などもみられるようになります。

治療方法

根本的治療方法はありません。

胃腸科の専門医の適切な治療を受ける必要があり、重症の場合は、入院、絶食、点滴、経腸栄養で栄養を補います。

治療薬としては、サラゾビリン、副腎皮質ホルモン剤などがあります。