イレウス(腸閉塞)の症状・原因・治療方法

イレウス(腸閉塞)とは??

分類   【 腸の病気 】

読み方  【 いれうす(ちょうへいそく) 】

イレウス(腸閉塞)は、なんらかの理由で腸の中の内容物の流れがとまってしまう病気です。

原因

原因によって名前が少し変わってきます。

手術後の腸の癒着、結核による腸管の狭窄、腫瘍などが原因となるものを「単純性イレウス」と呼びます。

腸の癒着に伴う強いねじれ、腸重積、上腸間膜動脈血栓症などが原因となるものを「複雑性イレウス」と呼びます。

腹膜炎などが原因でおこるものを「機能性イレウス」と呼びます。

症状

通過障害をおこしてしまっているため、腹がはって、吐き気、嘔吐、腹痛、腹部膨満感、腹がなるようになります。
ガスや便がでなくなります。

重症化すると、中毒症状として、頻脈、衰弱、発熱、意識混濁などもあらわれてきます。

治療方法

どのような症状にしても、できるだけ早急に外科か内科を受診し、医師の診断を受けなければなりません。

まずは原因を突き止め、点滴を行ったり、複雑性イレウスのような場合だと手術を行う必要があります。