空気嚥下症の症状・原因・治療方法

空気嚥下症とは??

分類   【 胃・十二指腸の病気 】

読み方  【 くうきえんげしょう 】

空気は食事と共に多少嚥下されていますが、普通は無意識のうちにげっぷとして吐き出されていたり、放屁によって肛門から排泄されます。

しかし、飲食時以外にも無意識に空気を嚥下する習慣の人がいて、のみこんだ空気が胃や腸にたまり、がぶ飲み、早食い、口呼吸の人、常に唾液を飲む癖のある習慣のある人がいます。

これを空気嚥下症と言います。

原因

加齢や精神的ストレス、悪い生活習慣などが原因とされています。

症状

動悸、息切れ、上腹部の圧迫感、膨満感、さらには左上腹部左側腹部の痛み、しゃっくりなどが症状としてあらわれます。

症状はげっぷや放屁をすることによって症状が軽減されるのも空気嚥下症の特徴です。

治療方法

精神的なストレスが原因ともなりますので、緊張や不安を和らげるように心がけ、生活習慣の見直しも行わなければなりません。