胃拡張の症状・原因・治療方法

胃拡張とは??

分類   【 胃・十二指腸の病気 】

読み方  【 いかくちょう 】

胃拡張は、胃がんや潰瘍瘢痕(かいようはんこん)のために幽門部が狭窄し、胃の内容物がたまって胃が拡張することを言います。

よくいう大食家と胃拡張は関係ありません。

原因

胃がんなどのために食物やガスの停留が起こるような器質的疾患である場合と、糖尿病性神経症による胃運動の低下のような機能的疾患による場合とがあります。

症状

上腹部のはった感じが強く、しばしば嘔吐が起こり、かなり前に食べたものがまじってきます。

治療方法

がんや胃潰瘍痕などによる器質的な狭窄は手術が必要です。

また、開腹術後や、急性感染症の経過中に、胃の筋肉の緊張が急激に失われ急性胃潰瘍がおこることがあります。
これに陥ると嘔吐を繰り返すため、水分や電解質が欠乏し、虚脱症状に陥る重篤な疾患となります。
輸液などの適切な治療が必要となりますので、急いで医師の治療を受けなければなりません。