胃下垂、胃アトニーの症状・原因・治療方法

胃下垂、胃アトニーとは??

分類   【 胃・十二指腸の病気 】

読み方  【 いかすい・いあとにー 】

胃下垂は胃が正常な位置よりも垂れ下がった状態の事を言います。

一方、胃アトニーというのは胃の筋肉の緊張が弱くなってしまい、胃の運動が低下した状態の事を言います。

原因

胃下垂は、比較的身体の細長い人や女性、急激にやせて腹壁の緊張が低下することで起こります。

性格でみると神経質や神経症的傾向がみうけられることが原因でも発症しやすいです。

症状

胃が下垂している状態だけでは胃の機能は正常で、特に症状は見受けられません。

しかしながら胃下垂に、胃アトニーや胃炎、あるいは神経的要因が加わるといろいろな症状を訴えるようになります。

胃もたれ、満腹感、重圧感、食欲不振、便秘、食道が詰まったような感じや異物感、さらに病気に対する不安感が強くなると疲れやすくなったり、全身に倦怠感がおこりやすくなります。

治療方法

治療方法として利用されているのが、胃下垂バンドや腹帯ですが、大切なのは食事療法で、栄養に富んで消化しやすい食べ物を何回かに分けて食べるようにします。

大食による胃への負担をさけるのが重要です。

薬物療法としては、胃の緊張を高めたり、胃運動を亢進させる薬剤が使われ、精神的な要因が強い人には精神安定剤を用いることもあります。