マロリー・ワイス症候群の症状・原因・治療方法

マロリー・ワイス症候群とは??

分類   【 食道の病気 】

読み方  【 まろりーわいすしょうこうぐん 】

マロリー・ワイス症候群は、飲食や過食などの時に、嘔吐などを起こし、食道と胃の接合部の辺りに裂創が生じる病気です。

マロリーとワイスという2人の医師の名前から付けられた病名です。

原因

腹圧の上昇をきたすせきや排便、妊娠などによって発症します。

症状

最初の嘔吐時は胃の内容物のみで、つぎに嘔吐が生じたときの裂創からの鮮血が非常に特徴的な症状です。

治療方法

大部分の症例は内科的に治療することができるので、手術を必要とする例はあまりありません。