食道静脈瘤の症状・原因・治療方法

食道静脈瘤とは??

分類   【 食道の病気 】

読み方  【 しょくどうじょうみゃくりゅう 】

食道静脈瘤は、肝硬変などによって門脈圧が亢進すると、食道の静脈がうっ血によって蛇行したり、拡張し、こぶのように膨らんだ状態の事を言います。

原因

主に肝硬変などの病気が引き金となって発病します。

症状

初期段階では自覚症状はありませんが、進行すると静脈瘤が破裂し、下血や吐血が見られるようになります。

大量にそして急激に出血するとショック状態に陥りますので注意が必要です。

治療方法

内視鏡下の硬化療法が止血の目的で行われます。