食道炎、食道潰瘍の症状・原因・治療方法

食道炎、食道潰瘍とは??

分類   【 食道の病気 】

読み方  【 しょくどうえん・しょくどうかいよう 】

食道炎、食道潰瘍は、同じ原因で炎症をおこしても炎症の程度によって、呼び名が異なります。

食道潰瘍というのは、食道炎の中でも炎症が重症で、食道壁の深い炎症を伴う場合を言います。

原因

かびの一種である真菌やウイルスの感染、薬物による腐食、放射線や異物による刺激、胃液や十二指腸の逆流などが原因となります。

症状

胸焼けやしみる感じ、前胸部痛、みぞおちの痛み、時に吐血も見られます。

治療方法

内視鏡検査を受けることが第一で、薬物療法が中心となります。