レイノー病の症状・原因・治療方法

レイノー病とは??

分類   【 手足の循環障害 】

読み方  【 れいのーびょう 】

レイノー病は、寒冷にさらされたり、感情的興奮により発作的に手指の動脈が絡んで、皮膚の色が変わり疼痛が現れる病気です。

原因

先見的な素質が考えられていますし、やせた神経質な女性に多く見られる病気ですが、原因ははっきりとわかっていません。

症状

手指の色が蒼白、ついでチアノーゼが現れ、紅潮の順に変わりもとの色に戻ります。

治療方法

薬剤ではなかなかよくなることがありません。

日常生活のうえで、寒冷から、または水仕事から手指を守り、栄養をよくとり、禁煙、精神的緊張を避けるように普段から心がける必要があります。