急性動脈閉塞症の症状・原因・治療方法

急性動脈閉塞症とは??

分類   【 手足の循環障害 】

読み方  【 きゅうせいどうみゃくせいそくしょう 】

不整脈を伴う心筋梗塞、心臓弁膜症などでは心臓に、または動脈疾患では動脈に血栓ができやすく、これが飛ぶことにより動脈にひっかかったり、病気の動脈に血栓ができると(これを血栓症と呼びます)、急に動脈内の血流が阻害され、四肢に激痛がはしるようになります。

これを急性動脈閉塞症と言います。

原因

動脈疾患による血栓の詰まりが主な原因となります。

症状

急激に四肢に激痛がでて歩行困難の症状があらわれ、さらに手足が白っぽくなって冷たくなったり、知覚もなくなってしまいます。

治療方法

血栓、塞栓を取り出さないと、手足が腐って切断しなければならなくなりますので、すみやかな診断と薬物療法が必要となります。