末梢閉塞性動脈硬化症の症状・原因・治療方法

末梢閉塞性動脈硬化症とは??

分類   【 手足の循環障害 】

読み方  【 まっしょうへいそくせいどうみゃくこうかしょう 】

動脈硬化症によって動脈閉塞は頚動脈、冠状動脈、腎動脈など臓器動脈にもみられ、独特の症状をしめしますが、四肢動脈でも特異の症状を示します。
これを末梢閉塞性動脈硬化症といいます。

原因

基本的には動脈硬化によって発症します。

症状

動脈硬化により、腸骨動脈、膝か動脈、大腿動脈、下腿動脈の内腔が狭くなることで血流が阻害されます。
それにより軽い場合には、冷感、しびれ感、歩行時の筋肉痛、安静時の指先の痛みなどが症状として現れます。

治療方法

四肢の保温、保護に十分に気をつけ、長時間の歩行は避けたほうが良いでしょう。

また、薬剤の服用を続けながら、必要とあれば血管の手術も受けます。(主にバイパス手術が行われます)

手術後も薬の服用、日常生活の注意が必要となるでしょう。