大動脈炎症候群の症状・原因・治療方法

大動脈炎症候群とは??

分類   【 動脈の病気 】

読み方  【 だいどうみゃくえんしょうこうぐん 】

大動脈弓部を中心に大動脈から分枝する動脈が原因不明のえんしょうのためにおかされ、狭くなったり拡張したりすることで、様々な症状をおこす病気です。

日本や東南アジアの20〜30歳代の女性に多く見られるのも特徴です。

腕に酸素や栄養を供給している動脈がおかされてしまうと、手の脈がふれなくなるので、「脈なし病」とも言われています。

原因

原因はいまだ不明です。

症状

発熱、疲労感などの全身症状、視力障害、失神、耳鳴り、めまい、心雑音、心不全、血圧の異常、高血圧など様々な症状がみられます。

治療方法

急性に悪化するものは少なく、薬物療法で長年患うことが多いのですが、妊娠、分娩などには注意が必要で専門医の指導を受ける必要があります。

炎症がすすんでいる時には、副腎皮質ホルモン剤が必要です。