解離性大動脈瘤の症状・原因・治療方法

解離性大動脈瘤とは??

分類   【 動脈の病気 】

読み方  【 かいりせいだいどうみゃくりゅう 】

大動脈というのは、3層からできていますが、その中層が分解して壁が破ける特殊な大動脈瘤を解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう)と言います。

原因

原因として考えられる多くは高血圧を長期間患っている人に多く発症します。
その他にも、先天性、動脈硬化症、外傷などでも発症します。

症状

突発的な背部痛、胸痛、腹痛が特徴的です。
多くの場合数時間後から数日で死亡する大変たちの悪い病気です。

治療方法

心筋梗塞と似ているので間違えやすいですが、できるだけ緊急に専門医の診断を受けなければなりません。

必要な場合は救命手術を受ける必要があります。

また手術が必要でない場合でも薬物療法が必要となっています。