大動脈瘤の症状・原因・治療方法

大動脈瘤とは??

分類   【 動脈の病気 】

読み方  【 だいどうみゃくりゅう 】

大動脈瘤は、大動脈が胸部大動脈から腹部大動脈までの間で、壁の一部分が弱くなって膨れ上がるのが特徴の病気です。

原因

以前は梅毒によるものもありましたが、近年では多くの場合が動脈硬化症によるものが多く、感染、外傷、先天性のものもあります。

症状

大動脈瘤はある程度大きくなるまで無症状ですので、発見が遅れてしまいます。

症状がすすむと、周囲の組織を圧迫してきますので、せき、しわがれ声、ものが飲み込みにくくなる、顔のむくみがでてきます。
胸痛、腰痛、背部の痛みもみられるようにもなります。

もっとも大動脈瘤が破裂してしまうと、出血死してしまう恐ろしい病気です。

治療方法

薬物療法、民間療法はありません。

至急手術を行い大動脈瘤を取り除き、人工血管を移植する必要があります。

手術後も、原因となった動脈硬化症の進行を防ぐため、日常生活にも注意が必要となってきます。