運動中突然死の症状・原因・治療方法

運動中突然死とは??

分類   【 その他の心臓病 】

読み方  【 うんどうちゅうとつぜんし 】

運動中突然死は、その名前の通り、マラソンやジョギング、バスケットボール、野球、水泳その他のスポーツ中に突然死亡する事です。

最近新聞などではよく報じられています。

原因

原因の多くは、循環器系の病気の存在に気付かないまま、激しい運動に参加することによって起こります。

大部分は原因不明の急性心不全と診断されますが、特発性心筋症、くも膜下出血、マルファン症候群、不整脈、心臓弁膜症、などの循環器系の病気も原因として考えられます。

熱射病にも注意が必要とされます。

症状

突然死亡します。

治療方法

運動中突然死は突然死亡してしまうため、治療方法というよりもあらかじめの予防が重要となります。

運動を行う前に、循環器系を中心とする心電図などの、医師によるしっかりとしたチェックが必要となります。
このチェックをするだけでも突然死を事前に防ぐことが可能となります。