心臓神経病の症状・原因・治療方法

心臓神経病とは??

分類   【 その他の心臓病 】

読み方  【 しんぞうしんけいびょう 】

心臓神経病は、心臓病に対する恐怖が下地にあることで、精神的なストレスによって発病する神経病です。

神経循環無力症とも呼ばれています。

原因

基本的に狭心症や心筋梗塞などの心臓病、さらには突然死への不安や恐れが中心にあって、心身のストレスや過労によって精神的葛藤などがきっかけで起こります。

また、心臓に器質的、機能的にも問題がないにも関わらず発症する場合もあります。
これは心電図検査で意味のないちょっとした変化や、心配する必要のない不整脈などを指摘されたことによる、精神的ストレスによって引き起こされると言われています。

症状

通常心臓になんらかの病気を抱え込んでいて、症状があらわれるものですが、心臓に器質的、機能的な異常がないにもかかわらず、動悸、胸痛、息切れなどの循環器症状を訴えるの場合があります。

その他にも、手足のしびれ、めまい、疲れやすい、不眠、不安、頭痛など多彩な症状がみられます。

治療方法

まずは多彩な症状によってどれが本質的なものか、さらに血液検査などに異常がないかどうかを確かめる必要があります。

その上で、心臓自体に異常がないことを患者自身がよく理解し、心因性のものであることを納得することが大切となります。

時には精神外科のカウンセリングを必要とする場合もあります。