心不全の症状・原因・治療方法

心不全とは??

分類   【 心不全 】

読み方  【 しんふぜん 】

そもそも心臓というのは、心臓自体を含め全身の内臓器官や組織に血液を送り続けているポンプのような働きをしています。

この重要なポンプ機能がなんらかの原因で失調を起こしていしまい、必要な量の血液を正常に送り出せなくなった状態の事を心不全といいます。

原因

心臓を構成している主な要素である心筋の不調、弁膜の欠陥がおもな原因となります。

心筋が不調をきたす病気には、心筋梗塞、特発性心筋症、心筋炎、虚血性心疾患などがあります。

症状

原因にもよりますが、全身に正常に血液が流れることが出来なくなることで、息切れ、動悸、胸痛が現れます。

また心臓の弁膜に障害があると、心臓のポンプ機能は十分に働くことができないので、心不全をおこしてきます。

治療方法

第一に、傷害されたポンプ機能を正常に回復させることが優先されます。

そのため、心筋収縮力を増加させる強心配糖体や、心臓の交感神経に作用するベータ刺激剤、さらには心筋内のカルシウム代謝に関与する薬剤や、心筋細胞の電子伝達系にはたらく薬剤などが用いられます。