大動脈弁膜症の症状・原因・治療方法

大動脈弁膜症とは??

分類   【 心臓弁膜症 】

読み方  【 だいどうみゃくべんまくしょう 】

大動脈弁が十分に開かなくなり、全身に血液が十分に行き渡らなくなった状態の「大動脈狭窄症」と、大動脈弁が十分に閉じなくなったために、左心室から送り出された血液の一部が大動脈から逆流を起こす状態の「大動脈逆流症」とがあります。

原因

大動脈狭窄症の原因として考えられるのは、先天性、リウマチ性のもののほかに、最近わかっているのは動脈硬化に伴う弁の石灰化によるものが増えているようです。

大動脈逆流症の原因としては、リウマチ熱による弁の変形や、先天性な弁の異常など、弁そのものの変化によってもおこります。

症状

大動脈狭窄症は、長期間は無症状ですが、進行してしまうと心不全症状のほかに、狭心症と同じような胸の痛みを訴え、失神発作などもあらわれます。

このような発作が現れた場合は死亡率も高くなり、突然死の危険もありますので注意が必要です。

大動脈逆流症も比較的長期間は自覚症状がありません。
しかし、自覚症状が無くても、拍動と同時に頭が動いたり、手を強い光に透かしたときに指先の血管拍動が見えたり、最高血圧が高く、最低血圧が低いなどの症状があらわれます。

治療方法

症状があらわれるときには、心不全が急速に悪化することが多くなりますので、早く治療を受けなければなりません。