僧帽弁膜症の症状・原因・治療方法

僧帽弁膜症とは??

分類   【 心臓弁膜症 】

読み方  【 そうぼうべんまくしょう 】

僧帽弁膜症は、右心房と左心室の境にある僧帽弁が十分に働かない弁膜症の事をいいます。

僧帽弁膜症には、閉じ方が不十分な「逆流症」といい、弁が十分に開かない「狭窄症」とがあります。

原因

僧帽弁逆流症の原因は様々で、リウマチ熱によるもの、心筋梗塞によるもの、老化によるもの、ほかの心臓病のために左心室が拡張しておこるものなどがあげられます。

僧帽弁狭窄症の原因のほとんどがリウマチ熱です。

症状

左心房の血液がたまるようになると、肺静脈の圧力も高くなることなり、肺にうっ血がおこり、せきや呼吸困難が現れます。

治療方法

心房細動を併発する可能性も十分に考えられるため、血栓ができるのを予防するための治療が必要となります。