心臓弁膜症の症状・原因・治療方法

心臓弁膜症とは??

分類   【 心臓弁膜症 】

読み方  【 しんぞうべんまくしょう 】

通常心臓の弁は、血液の逆流を防ぎ、心臓がポンプとして全身に血液を送り出す作業が効率よく毎日行われています。

心臓についている弁は、心室に2つ、心房に2つとそれぞれの部屋の出口についており、右心系には三せん弁と肺動脈弁、左心系には僧帽弁と大動脈弁があります。

これらの弁がそれ自体変形してしまったり、動きが悪くなったりして弁の役割が果たされなくなった状態なのが心臓弁膜症です。

原因

原因として考えられるのはまずは先天性なもの。

そのほかには梅毒や動脈硬化なども原因となります。
リウマチ熱の後遺症によるものが、もっとも弁膜症が起こる原因となります。

症状

軽症のうちは自覚症状はほとんどありません。

ただし、病状が進行すると、息切れから動悸、疲労感、全身のむくみ、呼吸困難など心不全の症状が現れます。

治療方法

保存的治療法と手術があります。

保存的治療法とは、日常生活上の注意と、薬物による治療です。
用いられる薬物は心臓の負担をとるために血管を広げる薬や体内の余分な水分を尿として身体の外に出してしまう利尿剤、心臓の収縮を強める強心剤などが使われています。