心筋炎の症状・原因・治療方法

心筋炎とは??

分類   【 脈の乱れを起こす心臓病 】

読み方  【 しんきんえん 】

心筋炎は、一般的にウイルスや細菌などの感染によって、心筋自体に炎症が起こることをさします。

ゆえに感染心筋炎、ウイルス性心筋炎などとも言われます。

原因

心筋炎を起こすウイルスでもっとも頻度が高いのは、コクサッキーB郡、コクサッキーA郡、インフルエンザ、ポリオ、エコーウイルスが原因として考えれます。

また、ウイルス以外の感染による心筋炎は、ジフテリア菌、リケッチア、アスペルギルスや放射菌、トキソプラズマ、旋毛虫なども原因となります。

症状

ウイルスによる感染で起こった場合は、それまで全く心臓に異常のなかった人が急な発熱、せき、倦怠感などの風邪症状、嘔吐、吐き気、下痢などの消火器症状に引き続き、動悸、呼吸困難、むくみ、胸痛、さらには不整脈や失神発作などがあらわれます。

治療方法

特別な治療方法はありません。

しいていえば、安静、栄養補給がもっとも重要となります。

万が一心不全や不整脈を起こしてしまった場合はそれぞれに応じた治療を行わなければなりません。