洞結節機能不全症候群の症状・原因・治療方法

洞結節機能不全症候群とは??

分類   【 脈の乱れを起こす心臓病 】

読み方  【 どうけっせつきのうふぜんしょうこうぐん 】

そもそも心臓というのは、自然のペースメーカーである洞結節からの電気的刺激が心房から心室へと伝わることで規則正しいリズムで拍動しているわけですが、この洞結節に異常があって、心臓の拍動がうまく出来ない状態の事を洞結節機能不全症候群と言います。

原因

特定できません。

症状

多くは除脈や心房細動、上室性の頻拍発作をおこしたり、除脈や頻脈とを交互に繰り返しおこしたりします。

除脈が高度の時には心停止による失神をおこすこともあります。

治療方法

薬物治療が有効な例もあるようですが、アダムス・ストークス発作があるようなばあいには、人口ペースメーカーの植え込みが必要となります。