心房粗動の症状・原因・治療方法

心房粗動とは??

分類   【 脈の乱れを起こす心臓病 】

読み方  【 しんぼうそどう 】

心房粗動は、心房細動のように不規則的に小刻みな動きをするのと違い、心房が規則的に60秒に220〜350といった、通常よりも少な興奮状態に陥る状態の事です。

原因

基本的には心臓病が原因となっておこります。

症状

心房細動と同じく、動悸や胸苦しさがありますが、自覚症状がない場合もあります。

治療方法

あまりにも心房粗動による興奮が頻繁におこりその振動が心室に伝わるようだと、心室性頻拍症と同じことになり、心停止につながる恐れもありますので、心室粗動は早急に治療することが必要です。