低血圧症の症状・原因・治療方法

低血圧症とは??

分類   【 血圧の異常と動脈硬化 】

読み方  【 ていけつあつしょう 】

私たちが生きていくためには、血管内を流れている血液が必要不可欠です。

血液を送り出す源は心臓ですが、頭の先から足のつま先、要するに身体全体、身体のすみずみまで十分に血液を正常に送り出すためには、心臓に一定の圧力が必要です。
圧力をかけることによって血液は身体のすみずみまで十分にいきわたります。

この勢いを持って流れた血液が血管壁に与えている圧力の事を「血圧」と呼びます。

この血圧がWHOの定めた数値よりも低いことを低血圧症と呼びます。

正常基準値は低い方の血圧(拡張期血圧)が90ミリ未満、高い方の血圧(収縮期血圧)が140ミリ未満の場合です。
低血圧症はこの収縮期血圧が100ミリ未満の場合を言います。

原因

原因ははっきりしていません。

症状

めまい、肩こり、疲れやすい、目が疲れる、腰痛、頭痛があるなどがあります。

治療方法

血圧は異常に高いと問題ですので、血圧を下げる治療は非常に大切ですが、血圧が低い場合、いわゆる低血圧の場合は血圧をを上げることを主体的にした治療方法はありません。

これは低血圧の患者は「血圧の低い健康な人」と分類されるためであり、診療の対象にならないことが多いからです。