膀胱がんの症状・原因・治療方法

膀胱がんとは??

分類   【 男性性器のがん 】

読み方  【 ぼうこうがん 】

膀胱がんは、膀胱にできるがんで、泌尿器の領域のがんの中では最も多く発症する悪性腫瘍です。

中年以降の男性に多く発症し、男女比では4:1と女性のや4倍も多くみられます。

原因

喫煙との関係が注目されていますが、はっきりとした原因は不明です。

症状

初期症状の多くは血尿です。
進行することで血尿が持続的にでるようになり、細菌感染が加わると頻尿や排尿痛も伴うようになります。

治療方法

頻繁に再発を繰り返したり、進行した場合には膀胱全摘除除術を行います。

この場合は、摘除した膀胱にかわって尿を溜めたり、尿を体外にだすための尿路変更術も同時に行います。

しかしながら、一度進行してしまった場合の膀胱全摘除をしても治癒率は5〜25%とあまりよい結果になりません。